fish_isaki1
漢字で書くと”鶏魚”と書かれる”いさき”。背びれの棘を立てると鰭が鶏のトサカの様な
姿になるのが由来とされています。
上品な白身をもつ魚で赤身とのコントラストが綺麗な刺身をつくることができます。
どんな料理にもよくマッチし、焼物、刺身、煮物となんでもござれ。
和風でも洋風でもどちらでも美味しく頂けます。
ただし、骨が硬い魚なのでそれだけは要注意!
その昔、いさきの骨が喉に刺さって死んだという鍛冶屋の昔話が残っており
”鍛冶殺し”というおっかない地方名で呼ぶ地域もあります(和歌山)。
一般に梅雨時期前までが一番美味とされますが、真冬も脂がよくのり
一年に2度美味しい魚でもあります。
広島市場には愛媛、山口、長崎、福岡などから入荷しています。

fish_isaki2煮物にするとコクのある出汁がでるので、素麺などと一緒に炊くと味が染み込んで
非常に美味しいデスヨ!