広島水産と食育

 当社の経営理念は「食を通して人々の心豊かなくらしに貢献すること」です。消費者の食卓を豊かにする、これこそが食育活動の基本であり、目指すところだと思います。

広島水産の食育活動の意味

 平成17年に食育基本法が制定され、食に関する関心が高まっている今こそ、当社としても食(特に魚食)文化の継承、促進を目的として、関係各社と協力して市場の荷受として何が出来るかを社員全員が考え、そして行動し、消費者に魚食の大切さを強くアピールし、健全な心、健康な身体(食とは人を良くすると書きます。)を育成して行く事が大事です。
 また、生産者と消費者の間に位置している市場関係者として魚の食育は市場からをコンセプトにこれまで培ってきた魚の知識、そして安全、安心な魚を消費者に届けるという役割を、食育活動を通じて推進していきます。

活動実績

表彰など

  • 2019年11月26日 大日本水産会より弊社社員が「魚食普及貢献者」として表彰
  • 2016年10月 3日 水産庁長官より弊社社員が「お魚かたりべ」として任命

今後の活動及び食育に関するお問い合わせ

 中国四国農政局の「中国四国食育ネットワーク」に07年5月30日に会員登録しました。ネットワークを通じて相互連携し、幅広く活動して行きたいと思います。また、これまでの食育活動から得たノウハウを更に進化させて、青果、野菜、肉など市場全体での取り組みを目指していきます。

TEL(代)082-279-2511
メールでのお問い合わせはこちらから