旬の魚

fish_torahugu1アンコウと並んで冬の味覚の王様”とらふぐ”。漢字では河豚と書きます。
あんこうの様に体の全てを食べるわけにはいきませんが(有毒部位のため)
肉 皮、鰭と珍味を楽しめます。特に精巣(白子)は格別の珍味とされています。
今年は天然物、養殖物ともにお値段が手ごろ。
不景気退散を祈って景気づけにてっちり鍋などいかがでしょう!

fish_torahugu2写真は熊本産(養殖)

fish_zuwai広島市場で冬に人気の蟹といえば渡り蟹、たらば蟹とこの”ずわい蟹”
取れる場所によって”松葉蟹” ”越前蟹” ”加能蟹”などと名前をつけられて
ブランド化されています。上品で甘味のある肉質とこってりとした蟹味噌が魅力です。
広島市場には山陰、北海道から新鮮な国産物が入荷しています。
冬の味覚をぜひどうぞ!

fish_ankou
冬の寒さも本格的になってくるとがぜん鍋物の王様として脚光をあびるのは
この”あんこう”
身はもちろん皮、鰭(ヒレ)、内臓と全て具材としてうってつけ。
まったく捨てるところがありません。特に鰭や皮のコラーゲン豊富な
ゼラチン質のプルプル食感がたまりません。美容にも効果有!です。
もちろん海のフォアグラと呼ばれる”あん肝”もはずせません。
広島の市場には福岡、山陰から鮮度のよい国産物が入荷しています。
写真は島根産の物(開いて、すぐに料理に使える様に処理されています)

ページの先頭へ