fish_shirouo
春の瀬戸内海の河川に遡上してくる”しろうお”。
川岸に櫓を組んで四手網で掬う情緒豊かな伝統漁の風景は
安芸津などの沿岸地方で未だに見る事のできる春の風物詩です。
活きた物を酢醤油に泳がせた杯をそのまま啜り込み、喉越しを楽しむ
”踊り食い”が有名です。
透明な小さな魚ですが、実はハゼの仲間。お腹の吸盤もちゃんと持っています。
”しらうお”とは姿も名前も少し似てますが、こちらはサケの近縁種です。
どちらも食べ方はよく似ていますが、実は全く違う魚なんですよ。
生で食べる以外には 卵とじ や 碗物 にどうぞ。春の雅な味です。