社長ごあいさつ

 新年あけましておめでとうございます。本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
 昨年はアメリカのトランプ大統領の就任、北朝鮮の大陸間弾道弾開発に よる脅威があり、国内では森友、加計問題があるなかで衆院銀選挙が行われ自民党が圧勝しました。
 私達の業界は一年をとおして魚が獲れず、特にさんまや秋鮭、いか等の不漁に加え円安が魚価高を招き皆様に十分にお魚を食べていただけることができませんでした。
 弊社は今年の豊漁を祈念するとともにホームページをとおして美味しい魚の食べ方や体への効能、値ごろ感のある旬の魚をこれまで以上に紹介してまいります。本年が皆様方にとりまして幸多き年になることを祈念し新年の御挨拶とさせていただきます。

平成30年1月1日
広島水産株式会社
代表取締役社長
山本英治郎

ページの先頭へ

企業概要

名称 広島水産株式会社
本社所在地 広島市西区草津港1丁目8番1号
設立 昭和59年4月
資本金 9,800万円
代表者 代表取締役社長 山本英治郎
売上高 121億円
従業員数 91名
平均年齢 39歳
事業内容 広島市中央卸売市場での、鮮魚・冷凍魚・塩干加工食品の卸売業
事業所

本社:広島
営業所:長崎

主要仕入先 日本水産(株)、(株)極洋、(株)ニチレイフレッシュ、(株)ニチロ、全国漁業会社、各漁協等出荷団体他
主要販売先 卸売市場内仲卸業者、および売買参加者、ならびに各地卸売業者ほか
取引銀行 広島銀行広島西支店、もみじ銀行中央市場支店、山口銀行広島西支店ほか
ページの先頭へ

沿革

昭和59年4月 地方卸売市場広島魚市場の卸売業者であった中国水産物荷受(株)、(株)増金商店、(株)三島屋、(株)草津水産、(株)山口屋及び旧中央卸売市場塩干部の卸売業者であった広島共同食品(株)の6社の合併により広島水産(株)を設立
昭和59年9月 広島市中央卸売市場中央市場において営業開始
昭和62年12月 活魚水槽設置、冷蔵庫設置
平成2年4月 アルパーク水族館開館
平成3年12月 活魚水槽増設
平成6年4月 企画開発室新設
平成8年7月 活魚水槽増設
平成9年8月 活魚水槽増設
平成9年10月 アルパーク水族館閉館
平成12年8月 低温冷蔵庫、鮮魚用冷蔵庫設置
平成18年4月 企画開発室の名称を営業推進室へ変更
平成22年4月 リスク管理室新設
平成27年4月 ブランド魚「広島サーモン」販売開始
ページの先頭へ

事業内容

鮮魚部

青物課

全国各地で水揚げされる鯵、鯖、鰯、鰤、鰹などの青物魚を取り扱います。

沿岸課

全国各地で水揚げされる活いか、いさき、ちだい、れんこだい、水かれいなど底物類、甘鯛、むつ、さわら、まなかつおなどの青物以外の魚を取り扱います。

近海課

瀬戸内海で漁獲された、たい、すずき、ひらめ、たこ、あじ、いさき、はも、えび、ふぐなどのありとあらゆる魚種を取り扱います。

養殖課

たい、すずき、はまち、かんぱち、ひらそ、ひらめ、ふぐなどの入荷が不安定な天然物の需要を補うための養殖魚を取り扱います。

特殊課

貝類(さざえ、あわび、あさり、など)車えび(天然、養殖)うなぎ、たらばかに、ずわいかに、養殖サーモンなどを扱います。

長崎営業所

鮮魚の集荷を行い本社へ出荷します。

加工食品部

南方、北方凍魚、鮭鱒、いか、貝類、海老類、輸入魚介類、冷凍食品、加工食品、塩干物及び鮪(冷凍、生)を取り扱います。

営業推進室

量販・業務関係への企画提案、新規産地及び商品開発、食育活動の普及推進を取り扱います。

業務部

営業の現場作業のサポート、配送、ピッキングやアルバイト、パートの管理を行います。

経理部

出納業務、予算・決算・税務業務を行います。

総務部

社員採用、給与、社会保険、労務管理等の人事全般、渉外、諸官庁への届出など庶務、営業の補助、電算システムの運用ならびに保守管理を行います。

リスク管理室

コンプライアンスの推進及びリスクマネージメントを行います。

ページの先頭へ

採用情報

新卒正規採用

現在、募集はしておりません。

パート部門

                 

長 期

職務内容 卸売場において魚の販売前の準備作業や市場内仲卸店舗への台車を使った配達
給与 時給1,100円
(収入例:時給1,100円×7.5時間×22日勤務=月収181,500円)
勤務地 広島市西区草津港1-8-1広島市中央卸売市場内(車、バイク通勤OK)
時間 @22時〜翌5時半
A 0時〜 7時
休日 日曜、祝日、市場休み ※市場カレンダーによる
応募 お電話の上、履歴書(写貼)ご持参ください。(採用担当者 西原まで)
フリーダイヤル:0120-239-117  電話番号:082(279)2511
ページの先頭へ

委託手数料の額

 卸売業者が販売委託の引き受けにあたり、委託者(出荷者)から受け取る委託手数料の額は、広島市中央卸売市場業務条例で定められていましたが、この度の条例改正により卸売業者が自ら定めて開設者に届け出る制度に変更され平成21年4月1日より適用されました。
 広島水産の委託手数料の額は100分の5.5で従来と変更ありません。

ページの先頭へ
サイトマップ